ホームレス自立支援施設「抱樸館福岡」”卒業生”さんの葬儀を初めて教会堂を使用して行いました

NPO法人おとむらい牧師隊では、二年間にわたり、ホームレスの方々の自立支援施設「抱樸館福岡」の依頼に応え、その「卒業生」さんたちの葬儀に牧師を派遣してきました。従来、派遣先の式場はすべて一般の葬儀会館だったのですが、去る8/14、キリスト教会の教会堂を使用した初めての葬儀を行いました。教会堂を提供して下さったのは、抱樸館福岡にほど近い箱崎キリスト福音教会。抱樸館福岡の卒業生さんのみならず、地域の困窮者の葬儀を受け入れていくという大きな決断をして下さいました。抱樸館福岡のスタッフ、卒業生の方々も、地域住民の団体である教会がこのような好意を表したことを喜んでいらっしゃいました。ある有名人がホームレスの方々に関して発した心無いことばが世間の耳目を集めた正にその日、一方で、その葬儀を積極的に受け入れた人々がいたことが本当に嬉しいと思うのです。火葬場での炉前式には、日ごろから関心を持ってくれている那珂川市議会の稲生まり子議員が参列してくださり、哀悼の意、そして困窮ゆえに葬儀に宗教者を招くことが出来ないという問題への共感を示して下さいました。Hakozaki Christ Evangelical Church has opened its door for funerals of homeless and needy local residents. We NPO Otomurai Bokushitai (Funeral Pastor’s Squad) has been sending pastors for funerals of homeless people under the support of Hobokukan Fukuoka, which is an aid organization. Through the two years when we have worked with Hobokukan Fukuoka, all its funerals were conducted at local funeral halls. But now, one church stood up and accepted their funerals to show all lives are worthy to exist.Finally, One of Nakagawa City council member Mrs. Mariko Ino joined the ceremony at crematory center and showed her condolences and support to our cause.